« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.20

久々の神保町の静けさ

シルバーウィークとかいう4連休 or5連休の真っ最中。
よく晴れて、10月みたいに気持ちよい。

先週のうちに追加の本棚を導入して、本は一応棚に収まった。平面展開されている(つまり床に積まれた)本が、ない。引っ越して、面積が広くなったことを初めて実感した。
まだ自分の私物で片づけが済んでないものがあるが(苦笑)、暮らしはかなり整いつつある。
映画「サマーウォーズ」もやっと見ることができた。
でも、その感想の前に、記しておきたいことが出てきた。

***

ここのところ疲れていたので、昔よく訪れた九段下→神保町→秋葉原、というコースを散歩して、気晴らししようとした。

神保町を通して歩いたのは、実は久々なのだが、気がつくと表通りに面した古書店は減っており、またこぎれいな店が増えた分、大量の書物が圧縮されている印象は薄らいでいる。人も、思ったより少ない。
おそらく現在、古書の専門性において、神保町は東京随一でなくなってきているのではないか。
夜に人がほとんどいなくなる街は、書物の集積度で人を圧倒して集客してきたはずなのだが、もはやその持続も難しくなっているような印象を受ける。
元々落ち着いた場所であり、そこが好きだったが、寂しさが漂うような街ではなかったはずだ。

近くにありながら興隆している秋葉原は、ビル化による再開発や、オタク文化への注目だけが原因ではないと思う。
ヨドバシやゲームショップのように夜にも開いている店が出てきたこと。
飲食店が増えたこと。そのため、購入した電気製品、本や雑誌、マンガ、CDやDVD、ゲームなどを開封して、その場で仲間と確認し合える場になっていること。そのため、ダラダラ長くいる人々が増えて、結果的に街が活況を呈していること。
元々専門性の高い街だっただけに、街が広がって、飲食店とともに営業時間が拡大して、人が長く滞在するようになったことが大きいのではないか。

神保町の夜の寂しさは、特に最近は格別だ。居酒屋はともかく、古瀬戸珈琲店やさぼうるのような店以外に、ゆっくり出来る場所が少ない。平日の夜はまだ大学関係者や勤務中の人々が出入りしているが、休日の静けさは以前では考えられない。
本の街では、泥酔よりほろ酔い、もしくはしらふで、本と談笑が大事だろう。それが夜になると消えてしまうなら、あまり人が寄り付かなくなるのも道理かもしれない。1970〜1980年代半ばの銀座の商店がそうであったように(その後、銀座は夜7時以降も開ける店が増え、賑やかさを取り戻している)。

思うに、夜8時か9時まで開いている書店が増え(開業時刻はやや遅くなってもかまわないかも)、それに伴って、夜にも食事とお茶主体、軽くアルコールも飲める、落ち着いた店が増えること。
同時に、専門性の高い古書店が、集積度を再び上げていけるような環境を、整えること。
この2点が循環するだけでも、丸の内などに近い地の利を活かした、街の再生になりそうに思えてきた。
というか、あれだけ本屋が集まっている街から、文化の香りがしなくなるのは、さびしいとかより、残念なのだ。
そうして、文化の香りとは、多少うさんくさいものも含めて、人の集中も必要に思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.11

Appleのイベント

まだ引越後の片づけが残っているとはいえ、日常にも復帰していかないとね。

今年の9/9は、ビートルズのリマスター盤発売、アニメ「青い花」最終回(ん?)などいろいろあったけどが、Twitterを一時停止させるほどだったのはやはり、Appleが開いたiPod関連の発表イベント。

Tablet Macが出るのでは、という噂はまだ(?)のようだけれど、Steve Jobs CEOが登壇して発表する、というのが最大のドラマだった。
それはさておき、iPodラインナップ一新は、おおよそ予測の範疇。iPod touchではなく、iPod nanoにビデオカメラがついたのは意外だったけど、正常進化というか、それ以上の際立った何かがあったわけではない。つまり、全部入りが欲しい人はiPhoneを、気軽にiPhone OSを使いたい人はiPod touchを、ということだろう。
そうして、音楽ユーザ中心のiPod nanoには動画の楽しみを提供し、iPod shuffleをお得意のカラーリング展開することで、「まだこの機種を見限ったわけではない」というAppleからのメッセージが伝わるようになっている。

***

これでなぜ日本のメーカーが勝てないのか、と思うが、それこそ発表の焦点がソフトウェアにあり、一度築いた地盤は簡単に崩れないから、としか言いようがない。

iTunes 9、久々のメジャーバージョンアップ。
自動選曲のGenius機能をさらに強化、Genuis Mixで聴きやすい長さの選曲をやってくれる(もちろんiPodに転送可能)。iPhone OSならアプリの推奨もある。
細かいポイントとしては、iPod/iPhoneと同期する際、音楽をプレイリスト単位だけでなく、アーティストやジャンル単位で転送することも可能になった。
また、ホーム機能により、家庭内での音楽やソフトウェアの共有が、より簡便になった。
iTunes Storeもデザインが一新され、増える一方のコンテンツをブラウズしやすくする配慮があちこちにある。

さらに、iTunes Storeの新コンテンツは、iTunes LP。
LPレコードのアルバムを購入する際にあった、ライナーノーツ、歌詞、ジャケットに加えたスペシャルコンテンツも、まとめて配布可能になった。これを望む人がどれくらいいるかは別にしても、パッケージが売れなくなってきている現状を、どう変えるかについての、Appleらしい提案だ。

そして、こうした新ソフトウェアの機能を利用し、バグもフィックスしたのが、iPhone OS 3.1。
単にOSのアップデートというより、音楽という大きなソフトウェア産業に対して、Appleは強い愛情とコミットメントを表明する、というメッセージがわかるような発表であり、その大きなストーリーの中に、iPhone OSやiTunesのアップデート、新しいハードウェアが位置づけられている。

(もちろんAppleとて営利企業、もうけのないことをやるわけがない。むしろ、これまでのビジネスモデルが変化する際に、音楽を聴くという体験をどう再定義するかに着目して、自分たちならこうやれる、というモデルを提示しているだけである。ただ、そこには「音楽が得意だし、好きだ」と読み取りたくなる何かが宿っているように見える点が重要。)

多分、日本のメーカーが強い支持を得なくなっている最大のポイントは、この「音楽を愛しているからこそ、より多くの人に、気持ちよく聴いてもらいたい」というメッセージが、ストレートに伝わってこないからではなかろうか。
それが伝わってくるなら、製品発表とともに興奮するユーザーが出てくるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.06

バーイシクル…

最近、都内では自転車通勤をよく見かける。
いや、地下鉄で乗り換えしながら40分かかるくらいなら、通勤であってもなくても、積極的に自転車で移動する、という人がとても増えているようだ。

今度引っ越したあたりは、駅近ではないし、最寄り駅から少し先に出ないと賑やかにならない。
というより、家の周辺は完全な住宅街で、商店さえ少ない。
どんだけ田舎だよと言われそうだが、れっきとした23区内、というよりむしろ中央よりである。

こういう場所でこそ自転車が活きそうだ。
そろそろ自転車生活に踏み出すかなぁ。
意外なところで物入りなのが、引越である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デバッグ

デバッグ数回。
と言っても、プログラミングではない。
引越後の、本棚のレイアウト。

たくさん捨てて、捨てきれないものを持ってきたのに、オーバーフローは確定してた。
そこで、現在の棚をどう配置し、新しい棚はどれくらいにするかがモンダイだったのだが。
引越先が古めの木造家屋で、家具の配置がしっくり来ない。
扉を一つ本棚で塞いで、本に囲まれた繭的空間にしてみたのだが、やはり空気や光の出入りが悪いようにも思える(これが「風水的によくない」ということかと、妙な実感を持ってみたり)。

結局、本を詰めた本棚から、一度全部抜いて、大幅な配置変更を行った。
かなりメンドーな作業だったが、同じ大きさの本棚を背面でピタリと合わせて、片側の壁に寄せた「図書館型配置」にすることで、部屋の見通しがよくなり、明るくなった。
また、本棚同士を寄りかからせ合うことで、揺れがおさまり、安定感も出た。
追加の本棚も、予定より大きいものを発注できることになり、いくらかでも本の納まりがよくなるはず。

そりゃぁ事前にサイズを測り、パソコンの画面上でシミュレートすれば、とは思うのだが、実際に置いた感じの圧迫感などは、やはり現場でないとわかりづらい。
ただ、プログラミングのデバッグは(制御用組込み機器でもなければ)、キーボードを通じた記号的世界に終始するが。
現実世界のレイアウトにおけるデバッグは、何度も肉体労働を行うことになる。

これで決まり、としたい、というか、そうでなければ困ります、という気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »