« 引越は終わってからが | トップページ | バーイシクル… »

2009.09.06

デバッグ

デバッグ数回。
と言っても、プログラミングではない。
引越後の、本棚のレイアウト。

たくさん捨てて、捨てきれないものを持ってきたのに、オーバーフローは確定してた。
そこで、現在の棚をどう配置し、新しい棚はどれくらいにするかがモンダイだったのだが。
引越先が古めの木造家屋で、家具の配置がしっくり来ない。
扉を一つ本棚で塞いで、本に囲まれた繭的空間にしてみたのだが、やはり空気や光の出入りが悪いようにも思える(これが「風水的によくない」ということかと、妙な実感を持ってみたり)。

結局、本を詰めた本棚から、一度全部抜いて、大幅な配置変更を行った。
かなりメンドーな作業だったが、同じ大きさの本棚を背面でピタリと合わせて、片側の壁に寄せた「図書館型配置」にすることで、部屋の見通しがよくなり、明るくなった。
また、本棚同士を寄りかからせ合うことで、揺れがおさまり、安定感も出た。
追加の本棚も、予定より大きいものを発注できることになり、いくらかでも本の納まりがよくなるはず。

そりゃぁ事前にサイズを測り、パソコンの画面上でシミュレートすれば、とは思うのだが、実際に置いた感じの圧迫感などは、やはり現場でないとわかりづらい。
ただ、プログラミングのデバッグは(制御用組込み機器でもなければ)、キーボードを通じた記号的世界に終始するが。
現実世界のレイアウトにおけるデバッグは、何度も肉体労働を行うことになる。

これで決まり、としたい、というか、そうでなければ困ります、という気分。

|

« 引越は終わってからが | トップページ | バーイシクル… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/46141479

この記事へのトラックバック一覧です: デバッグ:

« 引越は終わってからが | トップページ | バーイシクル… »