« 10/8のCEATEC、展示は開いてるが、講演は中止 | トップページ | レヴィ=ストロース、逝去 »

2009.10.23

インパクトはむしろMagic Mouse

Windows 7が10月22日から個人向けの発売が始まった。
その前日、Appleは新しいMacBookとiMacを発表・発売、およびMagic Mouseを発表(発売は11月)。

Windows 7はβ版の評判も上々で「これが本来のVistaだったのでは?」とも言われる。
なので、Appleとしては対抗上、新機種を出すのは予測の範疇にあったが、マウスを刷新してくるというのが意外。

iPhoneおよびトラックパッドで培ってきたタッチ操作を取り入れている。
明示的なボタンがなく、マウスの上面をタッチして操作する。もちろん右クリック、左クリック、スクロールホイールは機能するし、スワイプ(左右に指を滑らせる)でWebブラウザの前後移動も、機能する。

Apple Storeで触れてみた(新発売のiMacで)。
意外に握りやすい。クリック時に、カチンという感触もきちんと伝わってくる。
MicrosoftやLogicoolの標準的なマウスよりも低いため、手が大きく持ち上がることもない。それに、動作も軽い。
何より驚いたのは、物理的ホイールのないスクロール動作。iPhone同様の慣性スクロールを採用していて、シュッとスクロール・ダウンさせると、ゆっくり減速してから、スクロールが止まる。これは思ったより快感。
もちろん、システム環境設定のマウス設定で、慣性スクロールを止めることも出来る。

ここ数年、Appleのマウスはどうも使いにくい印象を持ってきたが、やっと「らしい」製品が出てきた。もう少し試さないと何とも言えないが、ファースト・インプレッションは好感触だった。
iMacの27 inch画面もインパクトあるが、Magic Mouseのほうがむしろ新鮮!

|

« 10/8のCEATEC、展示は開いてるが、講演は中止 | トップページ | レヴィ=ストロース、逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/46565596

この記事へのトラックバック一覧です: インパクトはむしろMagic Mouse:

« 10/8のCEATEC、展示は開いてるが、講演は中止 | トップページ | レヴィ=ストロース、逝去 »