« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.29

少し走り出そう

物理的に走るわけではないが…
昨年の引越以来、かなり減退してきた気力・体力を、少し走りながらもとに戻していこう。
まぁとりあえずは、目前の山を乗り切ることだな、うん。

少し思うのは、引越でBSを見られる環境になり、地上波がいかにパターン化した番組を流しているかがわかったこと。
クラシックやポピュラーのライブステージを流したり、ワールド・ニュースがより幅の広いものだったり、中には少し気分のよくなるコンテンツも流れてきたり。これがなければTVそのものを家からリストラしかねなかった。TVは問題が多いけれど、まったく何もないわけじゃない、とわかっただけでも収穫ではあった。
そんなこともふくめて、新しい暮らしから新しい流れが始まっている。

4月に入ったらまた少しずつ、いろんなことを書いていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Toodledoも使ってる

GTDを簡素にこなすためのツールとして、ThingsをMacおよびiPhoneで使ってきている。
ただ、今年に入ってからToodledoというWebサービスも併用し始めた。

というのは、ThingsのMacとiPhoneの同期で時折うまくいかないことがあり、一度MacとiPhoneのペアリングを解消してから、再度ペアリングし直そうとしたところ、ペアリングがうまくいかなくなったため。
Mac、iPhoneの単独でそれぞれ使えばいいのだが、それでは二度手間だ。サポートに問い合わせているが、現在のところははかばかしい進展がない。
念のために書いておくと、日本のサポート窓口とのやりとりをして、こちらで使用上の間違いや勘違いなどはないことを相互に確認し、本家の開発元に問い合わせてもらっている。ただ、なかなか返答がなく、そこでストップしている模様。

これでは困るので、Toodledoを併用し、iPhone版アプリも使い始めた(有料)。
ToodledoはWebブラウザを通じてサーバにデータを保存できるサービスで、無料でもGTDツールとして過不足なく利用できる。機能そのものはThingsより多く、Macのネイティブ・アプリならばOmni Focusに匹敵するくらいか(逆に、Thingsはバランスのよさが売り、とも言える)。
ただし、To do アイテムの保存が半年までなので、長く保存するには有料契約が必要になる(有料はアイテムの下にサブアイテウムを扱うなど、ほかにも追加機能がある)。

非常に有名なサービスであり、Web APIが公開されているため、同期可能なiPhoneアプリも多く、Appigo's To Do、Pocket Infromationのような有名アプリもそうだ。
私は、簡素で扱いやすそうな、純正アプリのToodledoを使っている。やや硬めの画面構成だが(遊びの要素は少ない)、必要なことをきっちり、というToodledoの思想を体現している。

Webサービスであるため、iPhoneで入力してSyncボタンを押せば、Webサーバとの同期が始まる。これでどこでも最新のデータを参照できる点は、むしろ便利(Things iPhoneは、紐付けしたMacとの同期のみが可能)。さらに、繰り返しデータの入力は、ThingsではMac版のみになるため、すべてのデータを双方で入力できるToodledoのほうが高機能でもある。
ただし(万が一誰かに読まれた時のことを考慮して)、ある程度は記号や暗号にして記述する、などの工夫を、念のためにしている。
このあたり、一長一短であるが、Thingsの同期問題を一度すっきりさせたい今日この頃ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.19

東京都の青少年健全育成条例の改案、審議継続に

先日、東京都の青少年健全育成条例の改案について、よくない案であること、それは人々の選択の自由の機会を狭め、子供たちが選択することを学ぶ機会も奪う方向で運用することも可能であることから懸念している、と書いた。つまり、反対である。

3/19の午後に行われた会議(都議会の総務委員会)において、審議継続となった。3/30の本会議で正式決定となり、その後は委員会で検討を続け、再び6月の都議会で採決をとることになる。
アサヒ・コムの記事(3/19)、YOMIURI ONLINEの記事(3/19)などを参照。また、Internet Watchの記事(3/19)は審議経過も伝えている。)

***

3/30の本会議がどうなるかを注目する必要はあるが、現段階では強行採決のような動きには至らないだろう、ということはわかった。
条例改定を推進する側にとっても、反対する側にとっても等しく時間ができたことになる。この間に、本当に大切な議論を進めることが大切になってくる。

反対派は、いわゆる俗悪なマンガ等の表現が性犯罪を増やす訳ではない、というところに力点を置きたがる。ただし、賛成派はそのようなことはあまり考えていないようだ。
その答弁を読む限り、普通の人にとっては気持ち悪い表現が、街やネットの至るところにあること自体がおかしい、それは規制かつ根絶されてしかるべき、というのが動機のように見える。
つまり、議論のとっかかりや噛み合わせよりも、良識に従えば普通気持ち悪いものが大手を振ってるのはもうたくさんだ、という心情を相手にすることになる。
情緒に対して、論理を説いても、噛み合わない。なので、どうすれば同居しやすくなるか、を落とし所の一つに考えるのも、一つのやり方かもしれない。

***

ところで、現在のところ、大きな新聞が取り上げる反対の流れは、漫画家などが中心だ。また、日本ペンクラブも反対の声明を出した(アサヒ・コムの記事、3/18)。

これらはほとんど、表現の自由に関する懸念、という観点で報道されている。
しかし、たとえば竹宮恵子氏が3/17の東京新聞朝刊(特報ページ)で答えたインタビューには、以下のようにある。

「社会で悪とされるものは、社会が求めるから存在している。なぜ存在するかを考えなければ。そうでなければ、いくら規制しても、違法薬物と同じで地下に潜っていくだけ」と指摘する。

この簡潔なメッセージは、「表現の自由」という文言の持つ本来の意味を示している。「風と木の詩」は同性愛や強姦を描いているため、委員会の審議の過程で質疑に入ったが、そこで問題なしと出ている。ただし、これは既に社会的な承認を経たから出てくる答えであり、出版当時はまさに顰蹙を買い、物議をかもした作品だった。
竹宮氏はおそらくそのようなやりとりとは別に、善を考えるには、悪をきちんと見つめないと心底はわからない、という至極真っ当なことを想定されているはずだ。
そこに触れた記事が出てきたのは、よかったと思う。

また、私のいう「選択の自由」は、こうしたことを学ぶために必要であり、作品を発する側、受け止める側の双方に大切なことでもあるはずだ。さらに、たとえばエロやグロを嫌う人々、それを好む人々が、同居してしまう社会でお互いを非難合戦にしないための視点だと考えている。

***

なお、時間が少ない中で書いため、前回触れ損ねたことを少し。

インターネット関連の立場からも、反対の表明の声はあがっていた。
Internet Watch、3/12の記事では、「東京都地域婦人団体連盟(東京地婦連)、東京大学大学院 教授 長谷部恭男氏、ネット教育アナリストの尾花紀子氏、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)、ECネットワーク、電気通信事業者協会(TCA)、テレコムサービス協会(テレサ協)、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)、モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)、CANVAS」といった諸団体が反対している。
さらに、ネットビジネスイノベーション研究コンソーシアム(Google、Microsoft、DeNA、Yahoo! Japan、楽天などを含む)からも反対が出ていた(同誌、3/15の記事)。

インターネットに関する懸念が新聞にほとんど掲載されないのは、ひどく気にかかる。
この条例案は、インターネットや携帯電話についても踏み込んでおり、都が推奨する携帯電話の機種を指定する、といったことも文言に含まれている。機種選定等はそれこそ親子で決めることであるはずだ。

インターネットは、いきなり様々なコンテンツにアクセスできるため、より「選択の自由」を強く深く意識して、子供に教える必要が出てくる。その過程においては、技術的に実現できるフィルタリングなどを適用して、一定の年齢以下の子供を保護する必要も出てくるだろう。
ただし、そのフィルタリングについては、複数のパッケージがあって、それを親子、あるいは所属コミュニティなどで選択できるほうがいい。一意にすべての人々が、同じフィルタリングを使うことを推奨されるような事態も、かえって学びの機会を奪いかねない。
というのは、フィルタリングのパッケージが複数あり、また設定のパターンも選択できるなら、年齢があがるにつれてフィルタリングをゆるくしていくことも可能になるのではないか。その時点で親や教師やコミュニティの人々が、なぜこうした制限が解除されるのかを子供に伝えたり考えさせたりする機会も作れるはずだから。

今後の報道においては、新聞にもぜひインターネット関連のことに触れていただきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.18

東京都の青少年健全育成条例、改案のあぶなさ(2)

(1)からの続き]
こういった情報から、読み取れることを考えていくと…

東京都は出版社、ゲーム制作会社などが密集している。また、東京国際アニメフェアなども開催されている。そこでこの条例を発行できれば、全国規模での抑え込みに効果あり、という含みが、この条例案にはあるだろう。

ただし条文を参照するとわかるのだが、雑誌やテレビ、ゲームなど既存のメディアとともに、いやむしろ強く、インターネットでの流通を規制しようとする趣旨も読み取れる。
インターネット・プロバイダーが青少年と契約する際にフィルタリングを推奨することを事実上必須化する条文もあるし、携帯電話で流通するコンテンツにおいても東京都が推奨を定めて事業者に従うよう勧告する条文もある。

いずれにせよ「18歳未満の登場人物が何らかの形で性に関することに触れており、それを肯定的に描いたらアウト」に持ち込むことを目的にした条例だ。
また「そのような制作物を何らかの形で所持していてもアウト」に持ち込むことも含まれているように見受ける。

つまり、提案者達の真の目的は「青少年の育成に害のある」あらゆるコンテンツを、制作・発表の段階で制限をかけ、また流通・所持の面で排除することであろう。
またその対象は、育成される青少年だけでなく、制作・流通・所持が可能な大人の側を積極的に取り締まることに重きがある。
大人なら自分の責任でやることに関しても規制を加える、という点が重大である。

***

民主主義国家であり、個人の自由と尊厳をうたう憲法をいただく国家や自治体の定める条例には、まったくもって見えない。

これは、新聞報道にあるような「表現の自由」という問題だけではない。
提供されたものを、自分の意志で選びとる「個人の選択の自由」に制限をかける点が問題だ。
いや、こっちのほうがずっと重大な問題だ。

***

子どもをショッキングな表現から守ることは、必要ではある。
実際、出版物や制作物における自主規制は(過去に児童ポルノ法などが取り沙汰される前からも、その後でも)行われているし、流通や売り場におけるゾーニングなどもある。

一方、純粋培養・無菌(に近い)状態で人を育てて、どうしようというのか。
世の中にはいろいろな人がいて、いろいろな好みがあって、いろいろな考えや立場が存在しうる。そういうことをまったく知らないで過ごすこともまた異常なことだし、実際問題として不可能だ。

様々な世の中や人間のことを、親が、あるいは周囲の近しい人々が、何らかの形で子に示しながら、その子なりの選択が可能になるように支えていくのが、本来の姿だろう。学校の教師が細かく入り込めないそのような部分のためにこそ、親や親相当の保護者がいるんじゃないのか。
各人の選択については、一括して法律や条例で規制することではなく、親が子の育つ過程をみながら、また親と子の価値観を付き合わせながら、個々に決めていくこと。

その貴重な過程の一端を奪ってしまうことで、かえって教育に悪影響が出る弊害のほうが大きいだろう。
インターネットにおけるフィルタリングについても、一括で行うのではなく、個々の親が判断すること、またその判断が大変ならば、助けになるようなパッケージが複数あって、選べることなども重要ではないか。

***

この条例案に反対することは、児童ポルノ等のコンテンツを容認する、ということではない。
人を育てる上で大切な自由意志の成長、また個人の選択の自由を奪う、恣意的な運用も可能な条例案であり、その弊害があるからこそ反対する、ということだ。


いまのところ審議継続の流れと言われてはいるが、実際にどうなるかは審議当日にならないとわからないのも事実。このような報道が出ることで、成立を目指す側のロビー活動(のような動き)が活発になる可能性もある。
つまり、まだ安堵できる状況ではまったくない。時間を少し稼げただけ、である。
しかし、それでも当初の「このまま成立しそう」よりはマシ。時間が限られているが、成り行きと対策は意識しておくほうがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都の青少年健全育成条例、改案のあぶなさ(1)

3月、ひな祭りをすぎて数日あたりの頃、突如浮上してきた、東京都の条例改案。
すでに機能している青少年健全育成条例(正確には青少年の健全な育成に関する条例)を、さらに改訂するとして議決対象になっているのだが、かなり問題があるとTwitterやBlog界隈で話題になっている。

情報をまとめているサイトとしては、東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト が質・量ともにすごい(頭が下がります)。
また、弁護士の山口貴士氏がご自身のブログで、条文とその問題点の解説を、【表現規制反対!】東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案【問題多すぎ!】 でまとめている(専門家ならでは記事)。
審議採決が行われるのは、3/19の金曜日。

Twitterならハッシュタグ #hijitsuzai でポストを追いかけることが出来る。

大手の新聞記事としては、アサヒ・コムの記事(3/12)があるが、ここでは「マンガ・ゲーム・アニメの児童ポルノ規制」という見出しで取り上げられている。条文には「児童ポルノの根絶」が確かに入ってはいるが、射程範囲のニュアンスが異なっている面もある。つまり、「非実在青少年」という新語を出し、想像上のいわゆる「キャラクター」を規制対象にしている点で、これまで議論されてきた児童ポルノから一歩踏み出した動きが見受けられる。
すなわち、18歳未満の登場人物が性にまつわることを肯定的に描いたらアウトにする、というのが目的に見える。当面はマンガ、アニメ、ゲームなどの画像描写に限るような報道が出ているし、それは当事者が語っているのだろうが、規制の対象がはっきりしない以上、美術や写真、小説などに多方面に広がる可能性がある。
そのあたりもふまえてか、本日の記事(3/17)で、都議会第1党である民主党が審議継続に傾きつつあるという報道では、児童ポルノという単語は用いなくなった。

YOMIURI ONLINEの記事(3/17)は出版トピックの欄に掲載され、発端と経緯が簡潔にまとめられている。

これら新聞記事から、3/19の委員会で 3/18の委員会および3/19の会議で審議継続となり、いきなり採決されてしまう公算は弱まっている、ただし3/30の本会議で最終決定、ということもわかってきている。

[3/18午後追記]上記の日程に関して、訂正しました。また、3/18の委員会を傍聴している方々のTwitter情報によれば、審議継続ではなく、3/19採決の方向で話が進んでいる、との追加情報もあります。今後の流れに注目。

***

以上が追いかけやすい情報源。
(この項目、(2)に続く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.03.06

ココログのiPhoneアプリ

@niftyが、AppStoreにココログアプリを登録していた。無料。

記事の更新、修正が出来る。WYSIWYGモードと、HTMLモードがあり、写真もはれる。ココログ用のエディタ及びアップローダとして、最低限の機能はあるようだ。

とりあえず使っているのが、この記事。
まだ使い始めたばかりで、使えるかどうかはこれからだが、たとえ最初はショボくても、バージョンアップしながらきちんと育ててほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »