« 少し走り出そう | トップページ | 今度は無事にアップデート »

2010.04.07

Mac OS X 10.6.3はもう少し先に

3月を乗り切って、4月をなんとか迎えることができた。
Mac OS X 10.6.3へのアップデータ、iLife関連のアップデータもたまっている。ソフトウェア・アップデートを呼び出して、アップデート可能なものをすべて更新させる。
自動的にダウンロード、続いて再起動準備モードになってから、アップデータを該当ソフトウェアやシステムに当てていく。アップデートが終われば、再起動するのみ。

順調にいってるようなのでしばらく放っておいたら、ダイアログが出ている。
「アップデートに失敗しました」
仕方ないので、ダイアログの再起動ボタンを押す(他に方法はない)。
そのまま何も変化がないこと、15分以上…
埒があかないので、電源ボタン長押しで、強制終了。

再起動するも、起動ディスクとして認識してくれない。
Mac OS X "Snow Leopard"のDVDを突っ込んで、Cを押しながら起動してみた。
予定通り、インストーラの画面になる。
ユーティリティメニューから、ディスクユーティリティを起動させ、HDDをチェック。その結果を信じる限りでは、一応ディスク自体に問題はない。つまり、システムをアップデートしようとして失敗したため、起動できない状態になった、とみるのがよいようだ。まずはディスクユーティリティを終了させる。
インストーラの画面に戻るので、ユーティリティメニューから、今度はシステム復元を選択する。これにより、TimeMachineのバックアップから、希望の日時の状態をHDDに復元してくれる。(そのため、復元先の起動ディスクは一度初期化される。)
3時間以上かかったが、復元が完了して再起動すると、アカウントからデータまで、同じ状態に戻してくれた。

時間はかかったが、どうなるかと思った。
HDDに問題がなく、単にデータを書き戻せばよかっただけ、本当によかった。
しかし、OSアップデートでこんなこと、初めて。

今週、再びこういうことがあると問題があるので、アップデートは来週にやることにする。
それに、OSの機能を使わず、Appleのサイトから統合アップデータをダウンロードして、手動で当てるほうがよいとも思うし。

|

« 少し走り出そう | トップページ | 今度は無事にアップデート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/48018520

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X 10.6.3はもう少し先に:

« 少し走り出そう | トップページ | 今度は無事にアップデート »