« 絶対移動中9で参加します | トップページ | 6/12 文学フリマで配布予定のフリーペーパー »

2011.06.08

WWDC 2011 について補足

昨日のWWDC 2011についてのエントリーで、iCloudにおけるiTunesについて、

それは、iTunesで音楽や電子書籍・雑誌を購入した場合も同じ。Macで購入した楽曲は、同じApple IDを持つほかのiPhoneなどのデバイスに、何もしなくとも自動的に同期される(容量に制限があるデバイスの場合、同期対象を設定することなどは可能になるものと推測する)。

と書いた。
ここでの同期という表現は、正確とは言えない。

あるApple IDを持つiPhoneで楽曲や電子書籍などのコンテンツを購入したとする。
そのIDを持つMac/PCやiPadなどのデバイスは、そのコンテンツをクラウドから自動的にダウンロードして保存する。

各デバイス内の保存内容をクラウドにも預けると、同じApple IDを持つデバイスなら自動的に同じデータを保存する。
たとえば自宅や会社のMac/PCで、カレンダーアプリに予定を保存する。そのデータはクラウド側にも保存される。
同じApple IDを持つデバイスは、クラウドに保存されたデータを、デバイス内に保存することになる。

楽曲だろうが、カレンダーのスケジュールだろうが、連絡先の情報だろうが、仕事や趣味の文書だろうが、同期などの操作を気にすることなく、同じデータを保存出来る。

Appleは、MacやiPhoneやiPadなど各デバイスに保存できることを前提にしていて、その際の各デバイスへの同期という手間を省くことに注力しているはず。

実際の操作感はiCloudがリリースされてから確認することになるが、上記は大切な点と思われるので、補足しておく。

|

« 絶対移動中9で参加します | トップページ | 6/12 文学フリマで配布予定のフリーペーパー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/51888378

この記事へのトラックバック一覧です: WWDC 2011 について補足:

« 絶対移動中9で参加します | トップページ | 6/12 文学フリマで配布予定のフリーペーパー »