« 6/12 第12回文学フリマ | トップページ | 絶対移動中9で参加します »

2011.06.07

WWDC 2011 基調講演でAppleの示したこと

Apple製品で動作するソフトウェアや周辺機器の開発者が集う WWDC (World Wide Developers Conference) 2011が、米国で始まっている。(私は直接の開発をしていないので不参加。)
参加者はNDA(守秘義務契約)同意が条件となるため、内容は公開されない。
ただし、基調講演だけは、NDAの対象とならず、内容は報道される。これまで数々の新製品、新サービスの発表が行われてきたため、毎年注目の的となる。
米国では同時に、E3 (Electoric Entertaiment Expo) 2011が開催されており、こちらではSONY(PSシリーズ)、任天堂(Wii, DS/3DS)、Microsoft(Xbox 360やKinect)などを中心にした次世代のホームエンターテイメント技術やゲームソフトなどが大量に発表されるため、こちらも注目の的。
ただし、ここではWWDC 2011 基調講演の話をとりあげる。

***

今年は、 Mac OS X Lion(Macの次期OS)、iOS 5(iPhone/iPod touch/iPadシリーズの次期OS)、そして新しいサービス iCloud についての発表となった。
噂されてきたiTunesのクラウド化については、iTunes in the Cloudとして、iCloudの一サービスであることが判明した。
期待する人も多いであろうiPhone 5、新しいMacBook Airの発表はなし。iMac、MacBook Proは既に新しいiCoreシリーズおよびチップセットにCPU切り替えを済ませた後だし、Mac Proの新製品が出る時期でもない。

つまり、今年は新サービスのためにソフトウェアを刷新することが重要課題、というのがAppleからのメッセージであり、それを開発者達に周知徹底したい、ということだ。

そして、基調講演は予定された2時間をほぼ使い切って、大事な機能をリストアップしながら時折デモを行う形で進んだ。日本では深夜ということもあり、聞いていて疲れるくらい、多くの項目が織り込まれていた。
その内容は、ITmediaの記事(6/7)や、PCWatchのレポート(6/7)などにまとまっている。
むしろ、個人的な印象をメモしておきたい。

***

Mac OS X Lionは、UI/UX(ユーザインタフェース/ユーザエクスペリエンス)をよりiPad/iPhoneと共通化させつつ、Macのよさを活かす方向に振る印象を受けた。従来の発表に加わる新しい情報はなかったが、デモをみていると、MacBookシリーズのタッチパネル利用がより先鋭化し、マウスがレガシー・デバイスになる可能性を感じる。
また、バージョン機能により、従来のバックアップ機能 Time Machine から一歩進んで、アプリケーション利用中に以前のバージョンに戻すことなどが可能になってくる。開発者向けにバージョン管理を行うシステムはよくあるが、ユーザ向けにOSレベルで搭載することは、コンピュータ利用の正常進化であり、Appleは相変わらずの目線だと思う。

ただ、Mac AppStoreというオンラインストアのみでダウンロード販売されることには驚いた。(ファミリーパックはなくなるようで、複数台にインストール可能になるようだ。詳細は今後発表されるだろう。)
サイズが4GBもあるOSが、オンライン販売されるのは前代未聞だ。日本はともかく、回線速度や品質で困る地域も多いだろう。世界中がこれで納得するのだろうか。
また、DVDメディア販売がなくなるなら、深夜のLion発売祭りを専門店/量販店などで行わなくなるということなのだろうか(まぁ店側がLion搭載マシンの深夜販売を自主的にやる、つーのはあるだろうが、そもそもどこからLion搭載のパッケージかを判別出来る形にするのかどうか…)。

iOS 5は、新しいUI/UXを提供するよりも、従来使いにくかった部分をブラッシュアップした上で、Safariのリーダー機能で「このWebページは後で読む」のように、サードパーティが提供してきた機能を洗練された形で取り込んだものが目立った。また、TwitterをiOSのAPIに組み込んで、アプリからTwitter連動しやすい環境を作るなど、Webサービスをシームレスに統合する方向もある。
サードパーティのサービスを根こそぎ取り込んでいくこの手法は、かつてのMicrosoft帝国化を思わせる。便利になるのはわかるとしても、すべてをAppleに統合していくことでみんな幸せになる、という方向に、本当に進めるものだろうか。
(この先で扱うが、iCloud APIは開発者向けに公開されるため、既存のサードパーティのアプリ/サービスがどう対応していくか、気になるところだ。)

***

個人的に一番大きな印象はやはり、iCloudだ。
従来は、Mac/PCをハブとして、iPod、iPhoneやiPadなどがデータをバックアップしたり、内蔵アプリやファイルの管理などを行ってきた。
これからは(Lion/iOS 5以降は)、iCloudにMac/PC、iPod touch/iPhone/iPadなどがすべて無線経由で接続されることになる。iPhoneのバックアップ/設定管理/iOSアップデートをMac/PC経由で行わない。"PC Free"と表現していたが、つまり単体ですべての管理が可能になる。
すべてのデバイスは独立しながら、iCloudというハブを通して、データを共有していくことになる。Evernote、DropBoxといったサービスが提供してきたことが、OSレベルで取り込まれて、すべてのアプリで可能になっていくことでもある。

たとえば、Macのバックアップ先をiCloudにするだけでなく、Macアプリでの作業結果の保存先をiCloudのStorageに対して行うことも可能になる(iCloud APIに対応していれば、PCでも同様のことが可能になる)。
それはそのまま、iPhone/iPadでも同じファイルを開いて閲覧・編集することが可能になることも意味する。実際、iWorkを使ってのデモが行われた(iWorkアプリは、iPadだけでなく、iPhone対応版が既に発売されている)。

それは、iTunesで音楽や電子書籍・雑誌を購入した場合も同じ。Macで購入した楽曲は、同じApple IDを持つほかのiPhoneなどのデバイスに、何もしなくとも自動的に同期される(容量に制限があるデバイスの場合、同期対象を設定することなどは可能になるものと推測する)。
購入したCDをMacでリッピングした場合にどうなるかは、サービスが開始されないと詳細はわからないが、米国ではiTunes Matchという有料サービスに登録すると、リッピングした楽曲がiTunes Storeにあれば提供される、という仕組みを追加している。
いずれも当たり前に出来てほしいことではあるが、いざ発表されると、よく考えられた仕組みになっている。

[注]このiTunesに関する節については、翌日6月8日のエントリー「WWDC 2011 について補足」を追加したので、そちらもどうぞ。(2011/06/09)

***

iCloudの無料利用は5GBまでと発表されており、サービスの詳細(容量の追加が可能か、それは有料かなど)は今後の発表がなければわからないのだが、Mac OS X、iOSを一挙にアップデートして、それぞれの独立性を高めることで使い勝手を向上し、その奥に新しいクラウドサービスを展開するというのは、実は相当に大きな環境の変化だ。

クラウドにデータを預けることの便利さは、EvernoteやDropBox、Googleの諸サービスなどを一度でも利用すれば、身にしみてわかる。
一方で、かなりのデータを大きな雲の向こうに預けるとなれば、すべてを預けることにするか、手元にの自分のストレージだけで管理するものを残しておくべきかを、今一度自らに問い直すことにもなる。しかも、今度はサービスごとに別の会社ではなく、多くのデータを一括してAppleに預けることになる。
さらに、AppleのMobileMeは、とても商用レベルのサービスではないと不評を投げつけられることが多いものだった。基調講演でJobsは、MobileMeの不備を今度は踏まない意図をにじませていたが、本当に克服出来るのか。

Lionは7月に、iOS 5はこの秋に出荷され、iCloudもそれにあわせる形で提供されるという。
内容は、確かによく考えられた連携機能を持ってる(好みは別にしても)。
iCloudのお手並み拝見、としか、今は言いようがない。

|

« 6/12 第12回文学フリマ | トップページ | 絶対移動中9で参加します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/51885656

この記事へのトラックバック一覧です: WWDC 2011 基調講演でAppleの示したこと:

« 6/12 第12回文学フリマ | トップページ | 絶対移動中9で参加します »