« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.08.26

厚い本・薄い本

俗にいう「薄い本」とは、コミケなどで販売されるエロ同人誌(18禁)のことであるが、ここでは単純に言葉通りの意味で、厚い本と薄い本の話。

前のエントリーで、渋谷を例に最近の書店の変化について思うところを記してみた。
ビジネス書が棚の一等地を占めているが、それは発売直後の瞬間売上の高さが期待され、その中からベストセラーが出ることも期待されるから、ということだ。

かつてそれは、文芸書が担っていた時期がある。ビジネス書がそこを占めるようになったのは、手帳やメモを使った自己開発本やライフハック系がよく売れているからだろう(自己啓発本というと、かなりデムパな内容も含まれるので、自己開発本とあえて記した)。それに加えて、経済的な知識、それに絡む数学的な知識、組織論などを噛み砕いて伝授する本も広く売れている。
そうして、それらビジネス書が文芸書と異なるのは、経験に基づいて「こーすればあーなる」とはっきり記されている点だ。
また、女性向けの、きれいになる/結婚がうまくいく/独立できる/お金に困らないなどのエッセイ的カルチャー本も、心や頭の使い方に関するノウハウ本とみなせば、広い意味でのビジネス書とみなせる。

こうしたビジネス書で広く共通するのは、文字がびっしり書かれていなくて、行間も上下も広く、大事なポイントと心構えが主に記されていて、あまり厚くない(つまりページ数も多くない)こと。200ページない本も少なくない。
行き帰りの電車の中でサラリと読めて、休み時間や仕事中に役立つものが中心、というところか。

***


一方、とても分厚いビジネス書もある。
海外で出版されたものの翻訳だ。
少々古いが卑近なところだと、フランクリン・プランナーという手帳システムを活用するための、エンジンのようなノウハウを伝える「七つの習慣」などもそうだ。

こうした(主に米国発の)ビジネス書には、ある種のフォーマットがある。
献辞と前書きがあり、ここでその書籍の目的と学習内容、さらに章ごとの構成が語られる。
最初の章で現在の人々に共通する問題点が提示され、それを解決するための方策があるのだ、と伝えられる。
そこから、順を追って項目ごとに一つの章が割り当てられ、最後の章でそれらを総合して、提示された問題が確かに解決される、と確認される。
各章では、一つの問題点と、その解決のメソッド、メソッドを適用した実例が複数語られる。場合によっては、演習問題も設定される。そうして、章のまとめが箇条書きとして提示される。
その繰り返しで、最後の章に至る。

これらは欧米の、ことに米国の論文やマニュアル執筆のパターンである。アカデミックな場でも、極端に大きな違いはない(厳密度はまったく異なるが)。
こうした厚い本は、上記のように非常に細かい例、また例外や失敗談などが掲載されているものだ。
日本語訳ではこうした細かい例を割愛してしまう書籍も中にはある(それでも日本でよく売られている薄いビジネス書よりは厚めになる)。
しかし、それはほんとうに翻訳と呼べるものなのか。
なぜ米国ではこのような分厚いパターンが継続されているのかは、意外に重要なポイントだ。

たとえば、自分の生活時間をうまく組み立てる、習慣をよりよく組み立てる、また対人関係を向上させるためなどの、重要な秘策を提示した場合。
読み手はそれに慣れていないはずである(慣れていればあえて買わないだろう)。
そうなると、秘策の重要ポイントを読んだだけだと、自分勝手な解釈をして、うまくやっているつもりでも実は的外れになっている可能性は高い。
そのようなことが起きにくくなるように、卑近な例から困難な事態まで、様々な例を掲載して、適用方法や例外などについて、読者に知らしめる必要がある。
それらを知った後で、まとめの箇条書きを読むことに、マニュアル本の意味はある。

***

文芸書で売れないものが増えていることと、面倒な例を省いた箇条書きに近いビジネス書が売れていることは、いくらか関係があるように感じることがある。
細かいこと、面倒な例や失敗談を読まず、こーしてあーしてそーすればうまくいく、という言葉だけを浴びていたい、という願望を叶えるような本が売れることになっていないだろうか、ということ。
何より、厚い本を読まなくなるということは、頭の筋力が衰えていくようなもの。
一部のエネルギッシュな人ばかりがバリバリ本を読んでいるのは知っている。一方で、薄いビジネス書だけで済ませようとする人が増えているのだとしたら、ちょっとこわい気もする。
杞憂であることを祈っているし、自分も気をつけないと、とは思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷の書店の変化

渋谷の大盛堂書店が総合書店であることを諦め、センター街入り口の駅前書店に移行してからだいぶ経つ。渋谷の書店事情はさらに変化した。

大盛堂書店なきあと、渋谷の総合書店と呼べたのは、ビル丸ごとだったBook 1st。規模は劣るが、地下道・地下鉄直結の旭屋書店も、地下の1〜2階を使って効率よく本を並べる便利な書店だった。
旭屋書店は閉店し、しばらく空き店舗だった。
一方、Book 1stはビル店舗を手放した。そのビルに入ったのは、ファストファッションブランドのH&M。そうして、以前旭屋書店があったところに、Book 1stが移った。
2010年には、東急百貨店本店の中に、丸善ジュンク堂渋谷店が開店、ここが渋谷の最大規模書店の座をとった。

宮益坂側は、文教堂書店が渋谷青山界隈を意識した店を開いている。2階にはカフェ、リフレクソロジーの店舗が入っている。
そこから坂を上って青山方面に向かえば、ABC(青山ブックセンター)がある。ただ、ここは渋谷からだいぶ歩くし、青山のイメージが強い場所。
以前東急文化会館裏にあった山下書店は、東急文化会館を含めた地域再開発の対象となり、閉店した(山下書店は東急線改札の近くに、中規模の渋谷南口店を構えている)。あのあたりは書店だけでなく、モスバーガー、パスタや牛タンなどの飲食店、ドトールコーヒー、マンガ喫茶などもひしめいて、なかなか素敵な裏道だったが、来年春の渋谷ヒカリエとして生まれ変わることになる。

こうして並べると、ABC、丸善ジュンク堂を除けば、ビジネス書とサブカル中心の中規模店ばかりが目立つ状況。
そして、こうした動きは、関東の主な繁華街でも大きな違いはない。神保町でさえ、かつての書店集結地としての賑わいが薄まってきている。
本、というものに求められるもの、さらに本屋に何を求めて入るかも、違ってきているようだが、では次の手は何か。それはしかし「はっきりしているなら、もうやっている」というのが書店側の正直な感想でもあるのだろう。

ただ、サブカル云々よりも、ビジネス書の棚の広がりのほうが、私には印象的だ。それが皆の求めるもの、ということに現在はなっている、といえるのかどうか。
ビジネス書は、高成長はなくとも当たるとしばらく売れる点で、昔の文芸書みたいな印象がある。
また、ケータイ小説のように、一瞬火がついて、暫時消えていく状況ではない分野でもある。
このことについて、少し思うところがあるが、また別エントリーであげてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.17

Google、Motolora Mobilityを買収

日本がお盆休みでビジネス関連の大きなニュースがない中、米国ではGoogleがMotorola Mobility Holdingsを買収した。買収価格はキャッシュで125億米ドル。
たとえば、CNET Japanの記事(8/15)。また、日本は夏休みの中、CNET Japanは続報にも力を入れている。

Motolora Mobilityは、これまでの携帯電話事業からAndroid スマートフォンやタブレットにシフトし始めていたが、特許係争や売上・利益などで、徐々に厳しい状況に進みつつあった。
Googleはこれまで、AndroidというOSを提供し、ハードウェアはパートナーである端末メーカーに任せていたが、Motorolaの特許係争に協力する旨は表明していた。
そのような環境もあって、GoogleはMotorolaを買収して特許を一挙に取得、潤沢な資金をもって反転攻勢に出つつ、Androidの端末提供を加速する、という推測になる。

OSしか提供して来なかったGoogleはこれまで、PCでいうMicrosoftのような立場にあった。それが、パートナーである端末メーカーを買収することに、本当に意義があるのかという問いは当然出てくる。

しかしたとえば、携帯電話程度の小さな端末の場合、ソフトウェアとハードウェアが密接に絡み合ってこそ、軽快な動作とリッチな機能を両立させられる面が大きい。
ソフトとハードをきっちり分離するPCのような事業モデルは、マシンにもメモリにもディスクにも余裕があるからこそ可能なこと、と言い換えてもいい。また、Intelという非常に強力な、CPUを中心とした標準的なハードウェアを大量に提供する会社があってこそ、でもある。
Motorolaのような米国随一の端末メーカーを手に入れれば、特許だけでなく、細密な実装技術も手にして、より高度なリファンレンスとなるハードウェア実装を生み出せる。それを前提に設計するソフトウェアがあれば、Appleだけでなく、今後Microsoftとも闘う際に有利、という計算は入っているようにも見受ける。

しかし、SamsungやHTCのように、パートナー企業と直接競合する事態を、本当にうまく収めていけるのか。
また、シェアの拡張に一時的なストップがかからないか。

AppleがiPhoneの次期モデルを発表する前にやってきた、大きなニュースだが、今後のGoogleの動向次第で、メーカーにも端末にも市場にも大きな変化が起きる。
いまはまだ、見守るしかないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ会館、建替えに伴い一時閉館

秋葉原の電気街口を出てすぐの場所に長らくあった「世界のラジオ会館」が閉館、そのお別れの祭りが開かれていたそうだ。昨年の発表以来、一年以上の準備期間を経て、ついに一度閉館することになったわけだ。
PCWatchの記事はこちら

ゲーム原作をアニメ化している「シュタインズ・ゲート」は、UFO(実はタイムマシン)がラジオ会館の一部をぶち壊して出現するところから始まる。この作品が放映中に閉館されたことも、記憶に残りそう。

ラジオや無線通信(今の携帯電話ではなく、アマチュア無線から想像すべし)、さらにオーディオ機器がテクノロジーの華だった頃。また、秋葉原といえば電気街、電気街とはテレビとラジオとレコードとカセットに、白物家電が相場だった頃。その頃が、このビルの立ち上がりにあたるはず。
私はさすがにその頃の現役ではないが、小学生の頃にここを訪れ、カセットテープなどを購入していたから、その当時の残り香はかいでいたことになる。
マイコン/パソコンが華やかな時を経て、いまはフィギュアやサブカル書籍雑誌など、萌え文化の集結地となっていた。その一方で、オーディオやラジオ、ジャンク、部品などを扱う店も生き残っていたのが興味深かった。

自分は行けなかったのだが、上記の記事をみていると、屋上庭園や社長室など、実に興味深い。さらに、グッズやドリンク/フードなどが販売されて賑わうなど、ビル側が秋葉原の流れをある程度感じ取りつつ、一等地が絶えず盛り上がるよう運営されていたと推察される。
だからこそ、愛されてもいたのだろう。

7月末の店舗閉鎖に向けて、6月〜7月にかけて周辺のビル複数に、臨時ラジオ会館が出来上がり、そこで店舗が営業を続けている。仮店舗の多くは、ラジオ会館色(黄色と赤)がみえて、わかりやすい。旧LaOXザコン館には、ラジオ会館を飛び出した書店がドドーンと入っている。
その様子は、大きな花が種になり、パーンと周辺に飛び散ったような印象。

そうして、あの巨大なビルがまた新しくなると、そこに新たな花が咲くわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.16

夏コミ御礼

8月14日(日)、無事に夏のコミケで販売し終えました。
あの酷暑の中、いらしてくださった皆様、ありがとうございました。

コミケはいつもと違う方がチェックして買っていかれるのがおもしろい。
中学生くらいと思しき二人組(高校生だったらごめんね)、最初話していた方は早々に隣に興味を移したが、もう一人がじっくり立ち読みして買っていってくれるなど、逆にあまりない経験でした。
(文学フリマはサークル参加も一般来場も、大学生以上が中心、むしろ社会人の方が多いくらい。ゆっくり立ち読みする方は少ない。このあたり、コミケは来場者層が異なるのだなと実感する瞬間。)

それにしても、暑かった…冷えピタシートをおデコに貼付けても、暑かった……
無事に終わり、帰り着けて、一安心しました。
次に私が参加するのはきっと、文学フリマでしょう。(絶対移動中は、10月のコミティアにも出る可能性があるそうですが、私が手伝うかは未定。)
またよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.11

文学フリマの新刊を、夏のコミケで

夏のコミックマーケット(いわゆる夏コミ)に、絶対移動中の手伝いで出ます。
3日目(最終日)の8月14日(日)。
場所は、東地区 ピ-53b サークル名「絶対移動中」(主宰は伊藤鳥子さん)。

文学フリマの新刊を持っていくので、夏コミでの新刊はないですが、主宰の鳥子さんはオマケの猫好きフリーペーパーを企画しています(こちらには私は参加していませんが、絶対移動中 vol.9には寄稿しています)。
コミケにいらっしゃる予定のある皆様、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かの国の暴動に思う

ロンドンの暴動はかつてない状況になっているようだ。
現在はインターネット経由で現地の方々の声が届く。

TwitterのMayRomaさんのつぶやきをまとめたブログ記事、英国在住の作家、入江敦彦さんのつぶやきのTogetterまとめイギリス、ギャングによる暴動のbcxxxさんのつぶやきというTogetterまとめなどがある。
(そして、リアルタイムでどんどん更新されつつある。)

どうもこれまでの英国での暴動とは違い、どこか無軌道な印象が伝わってくる。
そして、短い文字数でまとめなければならず、その中にどこか因果関係の考察を含めようとする新聞報道とは、印象もかなり異なる。
さらに、今回の件に関しては、たとえば「暴動を起こしたのは日本だったら、どのへんの層の人達に当たるか、そういう人達が何を背景にどんな行動をとったのか、日本ならどうか」という形で置換できる問題ではないようにみえる。

大英帝国以来の歴史的政治的経緯、福祉政策、それらを背景にした移民受け容れ、彼らの就労や社会的な状況、さらにこれ以上借金できなくなっている英国の現状、そうした様々な要因が複合した挙げ句、社会的な断層の割れが暴発という形で顕在化したこと。
また、すぐに有効な対策が出ないために初動が遅れて、とにかく警察が逮捕して廻っている現状。

そうして、英国の高い教育や福祉へのコストにより、移民や貧困層を受け容れつつ、かつての労働者階級が中間層に移行したような状態になることも想定していたが、相互にそうはいなかったという現実。

ただ、同じ国土の中で長らく暮らしていた人々の間の階層変化と、まったくよそからやってきた生活習慣も文化も違う移民を受け容れる場合では、状況はかなり異なり、同じようにはいかないだろう。
日本の古代も、大陸や朝鮮半島・渤海などと人の交流や受け容れなどがあったはずで(規模や範囲は諸説あるようだが)、奈良に都があった頃はかなりきな臭い状態が続いていた。支配階級の権力争いだが、背景には支配階級の氏族の背景にある海外の支援や繋がりに関わる戦いもあったはず。それを経て、平城京から平安京遷都あたりにかけて、今の日本に近づいていった。

現在の日本は、経済格差による社会階層の分断、さらに中国やインドなどからの移住者(移民ではない)も少なくない。海外からの移住者達と、生活習慣の違いから、ゴミ出しのルールや暮らしぶりに関して、小さなトラブルが起きる話をちょくちょく耳にはする。
ロンドンがひとごとのようにはみえないが、かの国と同様のことが起きるわけでもないようにもみえる。少なくとも今は。
逆に、今のうちに考えておくこと、やっておくといいことは、結構多いのかもしれない。
それが何か、すぐに例示できるかは別にしても、何を当然と思うかが違う相手がいる場合、なぜそう思い考えるかを相互に知ろうとすることは、少なくともやっておいたほうがいい。そんな風には考える。話してもわからん相手、という言葉ばかりが横行しないくらいには。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »