« 1月に入り、もう半月を過ぎた | トップページ | 2月の笙の演奏会 »

2012.01.19

またまた都市の書店の変化

昨年、渋谷の書店の変化というエントリーをあげた。

その後さらに、渋谷の文教堂書店は変わった。
2階をGEOに譲り、1階に書店機能を集中させた。書棚を高くしてみっしり並べる、今風の店舗。2階の文芸・人文・IT・マンガなどの書架にあった、落ち着きや解放感はなくなった。
その2階、リフレクソロジーの店はなくなった。Motoya Cafeは残ったものの、GEOの映画・音楽・ゲームの音が響いてくる様子で、以前とは雰囲気も変わった。
以前のような路線でやるなら、丸善ジュンク堂とは(地の利以外は)勝負にならないわけで、仕方なかったのか。しかし、これではTSUTAYAと被る気もする。

その丸善ジュンク堂、平日はあまり混雑してはいない。東急本店の中、渋谷では比較的奥まった地にあるから、わざわざ本を探しにくる人以外はあまり来ないのかもしれない。併設のカフェも空いている。

そうして、新宿三越の模様替え(三越アルコットとなった)で入ったジュンク堂新宿店は、あのビルがビックカメラになるために、この3月で閉店する。

池袋は、ジュンク堂とLibroの二強が確立して以来、割合安定している。その間に多くの中規模店が閉店したのもまた事実だが。
新宿や渋谷は、街の変化が激しい分、池袋よりも継続して変わっていくのだろうか。

書店/本屋に求められる機能が変わってきているのだが、それを新しい形で見せる店がまだない、そのブレークスルーが来る前、という印象もある。
そして、本も扱うTSUTAYAやGEOは、ゲームや音楽や映像ソフトが中心だが、ここも小売販売という市場が、ダウンロード販売で縮小する可能性が高くなっている。

ただ、店でブツを見ながらぶらつく、というのと、ネット上で情報の中をぶらつくのは、かなり性質の違う体験だ。
店という存在がどう変わるのか、また街がそれとともにどう変わるのか。
結論はおそらくまだない、というよりもあれば、誰かが大きく打って出るのだろう。

|

« 1月に入り、もう半月を過ぎた | トップページ | 2月の笙の演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/53775179

この記事へのトラックバック一覧です: またまた都市の書店の変化:

« 1月に入り、もう半月を過ぎた | トップページ | 2月の笙の演奏会 »