« 夏らしくなった関東とともに | トップページ | モノを通じて欲しいのは、本当は体験のはず »

2012.07.19

もう一つのiPad Smart Case

iPadは暫定的にエレコムのソフトレザー・ケースに入れて持ち運んでいた。手帳型で、開いてスタンドに出来るものだ。
最低限の機能はあるが、ソフトキーボード入力時の角度がやや高めで、いまひとつと思ってきた。
かといって、Apple純正のSmart Coverは、ヒンジ部が磁石になっており、磁気カードや銀行通帳などへの影響が気になる。
6月に発表された新しいiPad Smart CaseをApple Storeで試したのだが、スタンドにする場合、入力モードはよくても、ビューアモードにすると不安定で倒れる。これも困る。

いろいろ探してみると、Jisoncase社のSmart Caseシリーズは具合がよさそうだ、と気づいた。
(AppleのSmart Coverと同じように、表面保護がスタンドを兼ねる形。)
合皮、本革、合皮の手縫いによるExecutiveの3種類がある。
合皮モデルは、日本のAmazonで取り寄せても3千円弱。似た製品は量販店にもあるが、断然安い。

取り寄せてみると、紙ケースによるパッケージは、ケースの薄さを表して、気が利いている。
本体は実に簡単にケースにハマり、ズレも不安もない。
造りもたいへん結構。エレコムのケースより薄くて、とても持ちやすい。
スタンドとしても、入力モード、ビューアモード、どちらも具合がよい。(よく使うのは入力モードになりがちだけど、音楽や映像をながらで流す時、ビューアモードは具合がいいのだ。)

まぁちょっとおじさんくさいデザインではあるが、むしろ目立たないしな(苦笑)。

というわけで、やっとお気に入りのケースが見つかった。

|

« 夏らしくなった関東とともに | トップページ | モノを通じて欲しいのは、本当は体験のはず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/55227193

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つのiPad Smart Case:

« 夏らしくなった関東とともに | トップページ | モノを通じて欲しいのは、本当は体験のはず »