« OmniFocusでコンパス | トップページ | 夏コミとコミティア参加の告知 »

2013.07.26

OmniFocusと優先度

前回のポストで、OmniFocusを使ってフランクリン・プランナーの1週間コンパスなどを扱うことを記した。

さらにフランクリン・プランナーに近づけようとする場合、OmniFocusは優先度を扱っていないことがネックになってくる。
ただし私は、OmniFocusがGTDに沿っていることを積極的に受け入れ、細かいタスクの優先度は扱っていない。

理由は、1週間コンパスなどにより、GTDのシステムに時間の区切りを明示することができればいいと考えているため。また、価値観や役割を意識しておけば、ひどい混乱は生じないだろうとも考えている。
もしも完全にフランクリン・プランナーと同じにしたいなら、しがみついてでもOpus Dominiを使っていただろう。
しかし、同期の不安定さによるストレスの方が大きかったため、OmniFocusに戻した。そうした以上は、OmniFocusの仕組みを素直に利用する方が理に適っている。

***

ところで、無理矢理OmniFocusで優先度を扱うとしたら。

GTDにおけるコンテクストは、フランクリン・プランナーにはない。
だから、コンテクストに優先度A, B, Cを設けて、それ以外は使わなければいい。
OmniFocusはコンテクストで階層構造を扱えるため、優先度Aの中に、A1, A2, A3...といった具合に細分化する手もある。とはいえ、コンテクストを変更するには、タスクをタップしてダイアログを呼び出すため、あまり複雑な構造は運用が難しくなりそうだ。

ただ、先にも書いた通り、私はそこまでフランクリン・プランナーに近づける気はない。
だから、この運用は試していない。
このため、うまくいくかはわからない。
思考実験として可能であるため、メモ代りに残しておく。

|

« OmniFocusでコンパス | トップページ | 夏コミとコミティア参加の告知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16751/57864475

この記事へのトラックバック一覧です: OmniFocusと優先度:

« OmniFocusでコンパス | トップページ | 夏コミとコミティア参加の告知 »